バリフ通販は海外から個人輸入をするということ

バリフ通販は個人輸入をすること

海外医薬品の個人輸入は、個人の利用に限り正式に国から認められていますが、個人利用の範囲を超えた場合、被害者または加害者として処罰を受けることも。

ここでは、「個人利用の範囲」と「個人利用の範囲外」について掘り下げてお話します。

「バリフ通販は自分のために使う」それだけ守ればOK

個人利用の範囲というのはかんたんで、「バリフ通販は自分のために使う」これだけです。

補足として「個人利用の範囲」で一度に購入できる量は1~2ヶ月分と限りがあります。もしその量を超えた場合は「個人利用の範囲外」と見なされ、税関で没収されることも。
必要なときに必要な分だけ購入し、「個人利用の範囲」でED治療を行なうようにしましょう。

>>医薬品の個人輸入ガイドライン/厚生労働省

バリフを他人へ譲るのはNG

「効かなかったけど処分するのはもったいないから友人に譲る」「他に困っている友人に配る」
有償無償に関わらず、個人利用の範囲を超えているのでNGです。

バリフを他人と一緒に購入するのはNG

「はじめてで恐いから友人と一緒に買う」「手続きが分からないから一緒にやってもらう」
共同購入になり、個人利用の範囲を超えているのでNGです。

バリフを他人の代わりに購入するのはNG

「パートナーに自信を持ってもらうために買ってあげる」「パートナーに買ってもらったのを譲ってもらう」
代理輸入になり、個人利用の範囲を超えているのでNGです。

フリマアプリで買うのはダメ。ゼッタイ。

フリマアプリでバリフを買っちゃダメ!

楽天やAmazonのみならず、ヤフオクやメルカリといったフリマアプリも主流になり、ネットショッピングがより身近になりました。
しかしそのフリマアプリでも絶えず規定違反の出品があり、海外製のED治療薬を見かけることも。

ここで恐ろしいのは、出品者のみならず購入者まで処罰の対象になることです。通販サイトよりも安く買えるからといって、個人輸入のルールを破らないようにしましょう。

バリフ通販の個人輸入は副作用救済制度利用の対象外?

個人輸入はどんなトラブルが起こっても自己責任です。「効果が得られなかった」「副作用がひどかった」なども関係ありません。

通常日本国内で取り扱われる薬は、入院が必要になる重篤な副作用が出た場合に厚生省と医薬メーカーから保障があります。
しかし海外医薬品の場合はその救済制度の対象にはなりませんので、正規品を扱う通販サイトから購入するなどして、自分の身は自分で守るようにしましょう。

バリフ通販の個人輸入はあらゆるリスクを避けることが大切

バリフは海外製医薬品ということから取引から使用まで全て法律に関わりがありますが、「バリフは自分だけのために使う」という原則さえ守っていれば全く問題ありません。
通販サイトより安易に手に入るからといって非正規のルートから購入したり、他人を巻き込んでしまったりするのはやめましょう。

 

バリフ
バリフ

 

 

バリフは、先発薬のレビトラのジェネリックであり同様の効果を得られながらも安価で購入できます。